仮想通貨デビットカード 基本知識

仮想通貨デビットカードを始めるなら知っておきたい基本知識〜まずは仮想通貨とは?

仮想通貨デビットカードを始めるなら知っておきたい基本知識〜まずは仮想通貨とは?

 

仮想通貨デビットカードを始めたいのなら、まずは基本知識を知る必要があります。

 

 

 

特に大本になる仮想通貨についてはしっかり理解をしておく必要があるでしょう。そこで仮想通貨とはどんなものなのか、から紹介していきます。

 

 

 

仮想通貨は物理的な通貨が存在しない、インターネット上の通貨です。

 

 

 

一般的な通貨は国や地域が発行しているもので、それらの組織が後ろ盾となって価値を保証しているものになります。

 

 

 

これらを法定通貨とも呼ぶのですが、その通貨が使われている地域以外で使うとなると面倒なことも増えてしまいます。そうした国や地域によるしがらみをなくした通貨を作ろう、ということで生まれたのが仮想通貨です。

 

 

 

仮想とあるように法定通貨のような物理的なコインや紙幣はありません。すべてデータ上での通貨となるのですが、どうして法定通貨と同じように使えているのか不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

それは仮想通貨に用いられている、ブロックチェーンという技術があるからです。

 

仮想通貨デビットカードを始めるなら知っておきたい基本知識〜まずは仮想通貨とは?

 

特定の政府や公権力による価値の裏付けがない通貨である仮想通貨は、どうやってコピーされたりを防ぐのかに頭を使っています。ブロックチェーン技術というのはその通貨を利用している人全員が、取引内容について監視ができるようにしたものです。

 

 

 

もともと仮想通貨は発行する上限が決められていて、その通貨の取引については共有している全員が平等に見ることができます。つまり、管理する人間そのものをなくして全員で情報を共有しようというのが仮想通貨の目的でもあるのです。

 

 

 

では、政府や公権力などの管理人がいないことによるメリットはあるのでしょうか。

 

 

 

そもそも法定通貨はその通貨が使われている地域の中では便利に使えるものですが、国境を超えてしまうと不便になってしまいます。

 

 

 

身近な例にたとえてみますと、日本人がハワイに旅行をしたとしましょう。この時に日本円というのは基本的に使うことができませんので、ハワイの通貨である米ドルに交換しなくてはいけません。

 

 

 

個人での旅行であれば、さほど不便を感じることはないでしょう。しかし、これがビジネス上の取引になってくると話が違ってきます。

 

 

 

現地で現金をやり取りするだけではなく、海外に送金をするとなると時間も費用もかなり取られてしまうのです。

 

 

 

仮想通貨ではそうした送金や手数料の問題も考えられていて、デジタルの決済になるためスピードも早いですし、送金の手数料についても低く抑えられています。

 

 

 

仮想通貨とは国が発行する法定通貨と違って、物理的なものがないデータ上だけの存在になります。そのデータ上であることを利用して、ブロックチェーン技術などで価値を保証しているものだと考えてください。