仮想通貨デビットカード 使えるコイン

仮想通貨デビットカードの使えるコインについて〜使えるコインと使えないコイン

仮想通貨デビットカードの使えるコインについて〜使えるコインと使えないコイン

 

仮想通貨デビットカードではどんなコインが使えるのでしょうか。

 

 

 

基本的に仮想通貨デビットカードは、支払いを仮想通貨から法定通貨に交換をした上で行うものです。ただ仮想通貨といってもその種類は1000を超えるほどにありますので、どのコインに対応しているのかを知っておくことが大切です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードで使えるもので、最も基本となってくるのがビットコインでしょう。ビットコインは仮想通貨の中でも最も知られており、世界中で持っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

結果、仮想通貨デビットカードとしてもビットコインは外すことができないのです。どのカードを作るにしても、ビットコインを持っていれば問題ありません。

 

 

 

問題になってくるのはアルトコインと呼ばれるビットコイン以外のものでしょう。このアルトコインについては、各カードによって取扱が大きく異なります。

 

 

 

カードの中にはビットコイン専用というものもありますし、アルトコインに対応していても上位の数コインだけと扱いも違ってくるのです。多いものだと、70種類を超えるアルトコインに対応しているカードも存在しています。

 

 

 

ただ現状の仮想通貨の業界を考えてみると、ビットコインを所有しておいて損になることはありません。仮想通貨の中では基軸通貨として使われているもので、アルトコインを購入するにしても、まずはビットコインからというケースも多いです。

 

仮想通貨デビットカードの使えるコインについて〜使えるコインと使えないコイン

 

ですから仮想通貨デビットカードを利用しようという人の中で、まったくビットコインを保有していないケースは少ないでしょう。どうしてもビットコインを利用したくないのであれば、アルトコインに対応するカードを作るようにしてください。

 

 

 

各仮想通貨デビットカードによって使えるコイン、使えないコインはありますが、ビットコインを保有していればどのカードでも利用できます。アルトコインにしても、順次対応していくカードが今後は増えていくと予想されます。先に作っておくのも良いでしょう。

 

 

 

アルトコインからビットコインへの交換も難しいものではありません。臨機応変に対応するのが、賢い使い方だと言えます。

 

 

 

特にチャージタイプであれば、ビットコインを保有するのではなく必要になる分だけ交換をすれば良いので、リスクを負わずに利用できます。ウォレットと直結しているカードなら、より自由度の高い利用の仕方ができるのではないでしょうか。

 

 

 

仮想通貨デビットカードでは、ビットコインが使えるコインの代表です。中にはビットコインにしか対応していないカードもあるくらいですので、アルトコインをメインに保有している人は対応カードを選ぶようにしてください。