仮想通貨デビットカード 使用制限

仮想通貨デビットカードの使用制限について〜限度額や年齢制限はありますか?

仮想通貨デビットカードの使用制限について〜限度額や年齢制限はありますか?

 

仮想通貨も欧米では日常生活の支払いに使われる手段として、認知されてきました。日本でもそうした流れができつつある状況で注目を集めているのが、仮想通貨デビットカードになります。

 

 

 

とても便利に使えるカードなのですが、登録をするための年齢制限や限度額といった使用制限はあるのでしょうか。

 

 

 

まずお伝えしたいのが、仮想通貨デビットカードの年齢制限がない点です。クレジットカードのようにカードを使うことでお金を借りることが発生しませんので、未成年でも作ることができます。

 

 

 

ただし、プリペイド型のものであっても基本的に仮想通貨を所持していなければ使うことはできませんので、注意してください。

 

 

 

また、未成年の場合は保護者の承諾が必要となってきます。個人で勝手に登録をして使うということはできませんので、その点も忘れずに許可をもらいましょう。

 

 

 

現時点では仮想通貨は投機対象として見ている人がほとんどですが、仮想通貨デビットカードを使うことで通貨としてより使いやすくなります。未成年者でも口座さえあれば作ることができますので、その点の制限はかなりゆるいと言って良いでしょう。

 

 

 

利用制限についても、考えていきます。当然ですが各仮想通貨デビットカードによって、限度額が決まっている形です。保有する仮想通貨の額そのものに限度はありませんが、1日で使用できる額に制限があるというのが代表的でしょうか。

 

仮想通貨デビットカードの使用制限について〜限度額や年齢制限はありますか?

 

他にも利用制限としてはプリペイド型のカードですと、1日に入金できる額、月間の総合入金額などにも決まりがあります。決済の手段としても、1回に使える限度額などが細かく設定されているケースがほとんどですので、まずはしっかり確認してください。

 

 

 

大きな額を利用するつもりはないという人であれば、そこまで制限額を気にする必要はないでしょう。しかし、1回の決済額が10万円を超えるのも珍しくないような使い方をするのであれば、カードをしっかりと選ばないといけません。

 

 

 

仮想通貨デビットカードもセキュリティのことを考えていたり、法律上そうした制限が設けられているケースがほとんどです。つまり、クレジットカードのように後から限度額の枠が増えるなどのようなこともありません。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを作る時には、どの程度の頻度でどの程度の額を利用するのかしっかりと考えておく必要があるでしょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを作る時の使用制限ですが、まず年齢制限はありません。ただ、未成年者の場合は保護者からの承諾書が必要ですので、好き勝手に作ることができないようになっています。

 

 

 

利用額の限度などは各仮想通貨デビットカードによって異なりますので、どんな使い方をするのか考えた上で、自分にあったものを作るようにしてください。