仮想通貨デビットカード 決済レート

仮想通貨デビットカードの決済レートについて〜使った時のレートですか?買った時のレートですか?

仮想通貨デビットカードの決済レートについて〜使った時のレートですか?買った時のレートですか?

 

仮想通貨デビットカードを使う上で気になるのが決済レートでしょう。

 

 

 

銀行口座に紐づけされた従来のデビットカードと同様に、仮想通貨デビットカードもまた決済をすれば引き落としがされる仕組みです。

 

 

 

この時に仮想通貨のままで支払いされるのではなく、日本円に交換されてから支払いになるので、レートがどの時点で起こるのか知っておくことは大切です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを利用した時の決済レートなのですが、どのタイプを使うのかによって大きく違ってきます。タイプはプリペイドタイプとウォレットタイプの2種類があります。

 

 

 

プリペイドタイプのカードですが、こちらは決済時に引き落としがされるのではなく、事前にカードにチャージしておくのが特徴です。仮想通貨を日本円にしてチャージしておく形になりますので、この時のレートで換金されます。

 

 

 

言い換えると、仮想通貨の価格が上がっている時に換金をしておけば、より多くの日本円をチャージできるのです。つまり、自分でチャージするタイミングを図ることができますので、決済レートについては有利に利用することができます。

 

仮想通貨デビットカードの決済レートについて〜使った時のレートですか?買った時のレートですか?

 

ウォレットタイプですが、こちらはカードと仮想通貨のウォレットがそのまま紐づけされる仕組みです。支払いの手段に仮想通貨デビットカードを使った時に、ウォレットから引き落としがされます。

 

 

 

こちらは決済の手段として使わない限りは、仮想通貨のまま保管しておけるのが特徴でしょう。ただ、購入時に換金される形になりますので、自分でタイミングを図って決済レートが有利な時に使うのが難しくなります。

 

 

 

仮想通貨は1日でかなりの乱高下をすることも珍しくありません。そのため、有利な時にチャージするというような使い方ができないのです。

 

 

 

反面で手間を省くことができますし、チャージの限度額などを気にせずに使えるのがポイントになります。どちらが有利か不利かというものでもありませんので、使いたいものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

 

一見すると、決済レートのみならプリペイドタイプが有利かもしれません。ただ利用できる限度額が低かったり、チャージに手数料がかかるケースがあるなどのデメリットも存在するからです。

 

 

 

いずれも一長一短の特徴を持っていますが、どの時点のレートが採用されるのかはカードにチャージをするか、使った時かの違いで覚えておくのをお勧めします。仮想通貨デビットカードは、プリペイドタイプとウォレットタイプの2つがあります。

 

 

プリペイドタイプはカードに日本円をチャージして使いますので、チャージ時のレートが採用される形です。ウォレットタイプは決済をした時のレートで交換されるので、好きな方を選んで利用してください。