仮想通貨デビットカード 海外利用

仮想通貨デビットカードは海外利用について〜どこでも利用できますか?為替レートは影響しますか?

仮想通貨デビットカードは海外利用について〜どこでも利用できますか?為替レートは影響しますか?

 

ここ数年で価値が高まっている仮想通貨は、現実の買い物にも利用できます。ただ日本国内ではまだまだ使える場所が少ないのが難点ですが、仮想通貨デビットカードを利用することでより利便性が高まります。

 

 

 

しかし、仮想通貨デビットカードを利用する前には様々な疑問があるでしょう。ここでは仮想通貨デビットカードの海外利用について考えてみます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードは銀行ではなく、仮想通貨のウォレットなどと紐づけをされているのが特徴のカードです。各仮想通貨デビットカードにもよるのですが、対応する法定通貨というのが決まっています。

 

 

 

基本的に日本で発行されているカードについては円建てという形なのですが、海外で発行のカードについては米ドルやユーロなど様々な通貨との交換ができるようになっているのです。

 

 

 

この場合、現地で使われている通貨に交換をして支払いが行われるという形になっています。

 

 

 

つまり、日本円から現地通貨へと交換する手間を省くことができますので、当然手数料という点でも安くなるのです。また、日本円と現地通貨の為替レートも関係なく利用できます。

 

 

 

では、仮想通貨デビットカードは世界中どこでも使えるのでしょうか。基本的にVISAもしくはMASTERの加盟店であれば、利用は可能です。

 

仮想通貨デビットカードは海外利用について〜どこでも利用できますか?為替レートは影響しますか?

 

ただし作ることになる仮想通貨デビットカードによっては、非対応の国や地域が存在しています。国内で発行されているカードであれば、世界中で利用が可能となっています。

 

 

 

ただ仮想通貨デビットカードはバーチャルカードといって、スマートフォン内のアプリで利用するのが基本です。このバーチャルカードの場合は、実店舗で利用できません。そのため海外で利用することを考えると、リアルカードの発行をしてもらう方が良いでしょう。

 

 

 

もう1つ注意点としては、カードによっては土日に外貨の両替サービスを行なっていないケースもあることです。紛失や盗難などによって、現金が不足した場合に土日であれば、即座に両替ができない可能性もあるので注意してください。

 

 

 

ちなみに仮想通貨デビットカードの海外利用でかかる手数料ですが、一般的なものと比較してもかなり安価になっています。特に海外でカードを使うことが多い人ならば、手数料面だけでもかなり得をすることができるでしょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードの中には外国での利用に向いているものと、そうでないものもあるので作る前にはしっかり確認しておくべきです。

 

 

 

仮想通貨デビットカードは海外利用が可能となっています。ただし、カードによっては対応していない地域や国もあるので、注意しましょう。

 

 

 

レートについてはカードを利用時に現地の通貨に交換をしての決済になりますので、為替レートは仮想通貨と現地通貨のものになります。