仮想通貨デビットカード 年会費

仮想通貨デビットカードの年会費について〜年会費はかかりますか?他に費用がかかりますか?

仮想通貨デビットカードの年会費について〜年会費はかかりますか?他に費用がかかりますか?

 

仮想通貨デビットカードを利用する際にやはり費用は気になる部分です。クレジットカードなら無料のものもありますが、仮想通貨デビットカードなら別途、年会費などの費用はかかってしまうのでしょうか。

 

 

 

ここでは仮想通貨デビットカードにかかる様々な費用や手数料について紹介していきます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードの費用ですが、実は各発行会社によって大きく異なります。大きく分類するとウォレット型とプリペイド型の2つに分けることができるのですが、どちらにしても費用がかかってくる形です。

 

 

 

特に海外のカードはセキュリティが厳重でコストがかかってしまう分、手数料などが高めに設定されています。カードの発行手数料や、チャージ費用、決済手数料などが代表的なコストになってくるでしょう。

 

 

 

年会費については、一定の期間に一定の額以上の利用がなければ、コストが発生する仕組みが多いです。例えばですが60日以内に30ドル以上の利用といった形になります。

 

 

 

ただ日本国内だけではなく、世界的に見ても仮想通貨の取扱所がセキュリティの穴をつかれて資産を奪われてしまう事件が起こっているのも事実です。そうした状況に対応するためにセキュリティに多くのコストをかけているというのは、無駄な話ではないでしょう。

 

 

 

一方の国内企業が発行するカードについては、手数料が安価に設定されています。チャージ手数料などがかかってしまう面はありますが、それでも海外のカードと比較をするとかなり安価なものです。

 

仮想通貨デビットカードの年会費について〜年会費はかかりますか?他に費用がかかりますか?

 

中にはチャージ手数料決済手数料が無料というようなカードもありますので、コストが気になる人はそちらを選択すると良いでしょう。

 

 

 

また、国内の仮想通貨デビットカードについては年会費なども少なくなっているのですが、リアルカードを発行するのに費用が発生することがあります。基本的にはスマートフォンのアプリの利用がメインになりますので、物理的にカードを発行するのに費用がかかる仕組みです。

 

 

 

ただ、スマートフォンのアプリに対応しておらず、最初からカードを発行する仕組みですと発行に関する手数料はかかりません。

 

 

 

いずれにしてもコスト面を考えるのなら、海外のカードよりも国内カードの方が有利だと言えるでしょう。日本では従来のデビットカードにしても手数料は安価なものがほとんどですので、そちらにあわせた形だと言えます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードにかかる年会費などのコストですが、概ね海外の企業が発行するものが高く設定されています。国内企業のカードは安価に使えるという面もありますので、コスト面を重視するのならこちらを選んだ方が良いでしょう。