仮想通貨デビットカード 税金

仮想通貨デビットカードの税金について

仮想通貨デビットカードの税金について

 

仮想通貨デビットカードを使った時に税金はかかるのでしょうか。そもそも仮想通貨が一般的に広がり始めたのはここ数年のことで、まだ国としてもきちんと対応しているとは言いにくい部分が多い業界ではあります。

 

 

 

しかし仮想通貨の相場が急上昇したことなどもあって、税金に関する部分についても2017年には大枠が決まってきているのです。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを使った時の税金なのですが、まずは利益があったのかどうかが1つのポイントとなってきます。

 

 

 

基本的に仮想通貨はそのまま持っているだけでは、税金はかかりません。しかし、法定通貨に交換をした時に利益を得ていると税金がかかる仕組みです。

 

 

 

税制的には総合課税になっており、これは1年間で得た所得を合算し、その総所得に応じて税率が決まる仕組みを指します。

 

 

 

また、この時に仮想通貨の利益については雑所得として区分されることが決まっているのも特徴でしょう。雑所得の場合、年間で20万円以上の利益をあげていると課税対象となります。特にサラリーマンの方はこの点に注意をしておきましょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを使った場合の利益について考えてみます。先ほどお伝えした通り、仮想通貨は法定通貨に交換した際に利益が発生すれば課税対象となるのです。

 

仮想通貨デビットカードの税金について

 

ある仮想通貨を5万円分購入したとしましょう。そして、数カ月後に10万円まで価値が上がったとします。この時に仮想通貨デビットカードを利用して10万円分の買い物をしたとすると、利益となった5万円分が課税対象になる仕組みです。

 

 

 

日本国内で発行されているカードは、プリペイド型が主流になります。プリペイド型は仮想通貨を日本円に交換して、日本円をカードにチャージして利用する形です。つまり、この場合であれば仮想通貨をチャージする時に利益になっているかどうかを確認しないといけません。

 

 

 

年間で20万円以下しかチャージをしないというのであれば、特に問題はないでしょう。しかし、20万円以上の換金をする場合は、自分が購入した時のレートとあわせて課税対象になるかどうかを知っておく必要があります。

 

 

 

ただ、仮想通貨の利益についてはまだまだ曖昧な部分も多いので、自分の居住地を管轄する税務署に確認をとるのがいちばんです。

 

 

 

買い物をするたびに利益が出たかどうか確認するのは面倒だという人も多いでしょうが、どこまで管理をすればいいのかについても詳しく確認をしておくのをお勧めします。

 

 

 

仮想通貨デビットカードの税金については法定通貨に交換をした時に、利益が発生しているかどうかが大きな問題です。年間20万円以内の利益であれば特に問題はありませんので、その点だけは覚えておいてください。