仮想通貨デビットカード 注意点

仮想通貨デビットカードの注意点について

仮想通貨デビットカードの注意点について

 

仮想通貨デビットカードを利用する上での注意点はどこにあるのでしょうか。

 

 

 

仮想通貨そのものは日本国内でも随分と所有する人が増えてきていますが、まだまだ実生活の中で使うのには不便なことも多いです。

 

 

 

しかし、そうした状況を一変させてくれる可能性があるのが、仮想通貨デビットカードだと言えるでしょう。ただ注意点はいくつかありますので、紹介してみます。まず注意点としては、利便性の高さがあげられます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードは利用をしてみるとわかるのですが、とても便利なサービスです。これまで限られた場所でしか使うことができなかった仮想通貨が、インターネットの通販だけではなく実店舗での支払いでも利用可能になるからです。

 

 

 

特にVISAやMASTERの加盟店なら支払いに使えるのは、大きなメリットでしょう。コンビニなどの支払いでも利用できますので、ほぼ現金を持ち歩く意味がなくなってしまうほどです。結果、使いすぎてしまうという面がでてくるのです。

 

仮想通貨デビットカードの注意点について

 

目に見えるお金が財布に入っていますと使った時に、あとどのくらい残っているからと感覚的に理解できます。しかし仮想通貨デビットカードではカードを差し出して決済をしてもらうだけですので、そうした残金を目で見て確認できないので使いすぎてしまうケースが多いそうです。

 

 

 

よって、仮想通貨デビットカードを利用するのなら1日に1度は残金を確認する癖をつけておいた方が良いでしょう。残金の確認も簡単に行なえますので、特に手間がかかることはありません。

 

 

 

もう1つの注意点としては、税金についてです。仮想通貨に関する税金は保有しているだけなら課税対象にはなりません。しかし、法定通貨に交換をして利益をだした時に課税対象となるのです。

 

 

 

つまり仮想通貨デビットカードが便利であるからと、適当に使っていますと確定申告をする時に面倒なことになってしまいます。今回の換金でいくらの利益がでたからと、きちんと把握しておけば後で集計するだけで済みます。

 

 

 

日本国内で発行の仮想通貨デビットカードは、基本的にプリペイド型になりますので、チャージする時のレートで計算をしてください。

 

 

 

税金については知らなかったではすまない部分があり、追徴課税など申告漏れをしていると重税が加算されますので注意しておきましょう。

 

 

仮想通貨デビットカードの注意点としては2つです。1つは便利だからといって、無計画に使いすぎないということです。もう1つは税金がかかることを忘れないで、しっかりと計算をしておくことが大切だと言えるでしょう。