仮想通貨デビットカード 更新と解約

仮想通貨デビットカードの更新と解約について

仮想通貨デビットカードの更新と解約について

 

仮想通貨は投資の対象というだけではありません。実際に通貨として使うことができるからこそ、仮想通貨とも呼ばれるのです。この仮想通貨をより使いやすくしてくれるのが、仮想通貨デビットカードなのですが、一般的なものと同様に有効期限が設定されています。

 

 

 

この有効期限が切れた場合は更新されるのでしょうか。また利用しなくなった時もどうすればいいのか疑問に思う人が多いでしょうから、更新と解約をあわせて解説していきます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードの更新なのですが、基本的にまだ発行されてから有効期限を迎えたカードがないようです。従ってわかりにくい面も多いのですが、概ね自動更新であると考えてください。

 

 

 

カードの有効期限は、5年であることがほとんどです。この5年を迎える頃には、自動的に新しいカードが送られてくる仕組みになります。

 

 

 

アプリをメインとしている仮想通貨デビットカードの場合でも、基本的には有効期限がありますので、そちらが切れる時には自動更新される仕組みです。ただし、カードを発行している会社によっては更新が行われないケースもあるようですので、その点は契約時に注意しておきましょう。

 

 

 

またカードの利用をまったくしていない、カードに残金がないなどのケースでは更新がなされないかもしれません。有効期限内にこうした状況に陥った場合は、利用停止という措置が取られます。利用停止を解除するにはカードにチャージをするなどして、手続きをすれば回復が可能です。

 

仮想通貨デビットカードの更新と解約について

 

もう1つ仮想通貨デビットカードの解約についても、手続き1つでできます。アプリ型のものですと、アプリの中に解約手続きをするものがあるでしょう。アプリ対応でない場合は、公式のウェブサイトから解約手続きをしてください。

 

 

 

ただ、ここで注意しておきたいのがカードによっては残金の返還がない点です。カード内に残金が残ったまま解約手続きをしてしまいますと、そこに振り込まれていた分は失われてしまいます。

 

 

 

多くの仮想通貨デビットカードでこうした措置をとっていますので、解約をする前には残金をなくしておくようにしてください。買い物をするのでも良いですし、対応しているカードですとATMから引き出すことも可能です。

 

 

 

簡単に手続きができてしまうものですので、残金があるかどうかだけはしっかりとチェックしておいてください。仮想通貨デビットカードの更新については、一般的に自動更新となります。

 

 

 

ただし、カードを利用しておらず利用停止のままで更新の時期を迎えてしまいますと、更新されない可能性もあるそうです。解約についてはアプリや公式ウェブサイトから簡単に手続きが行えるようになっています。