仮想通貨デビットカード 取扱店のメリット・デメリット

仮想通貨デビットカード取扱店のメリット・デメリットについて

仮想通貨デビットカード取扱店のメリット・デメリットについて

 

仮想通貨は通貨としての側面もありますが、日本国内ではまだまだ一部の店舗しか支払いに対応していません。しかし仮想通貨デビットカードを利用すれば、VISAやMASTERの加盟店なら利用できるようになります。

 

 

 

では、仮想通貨デビットカード取扱店で決済を利用した場合のメリット・デメリットを考えてみましょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを取扱店で使うことのメリットですが、まず決済の手段としてとても優れている点をあげておきます。クレジットカードのように実際に使用したときと、支払いのタイムラグが大きくないので、資金の管理がしやすいのです。

 

 

 

即座に引き落としされますので、いつに買い物をしたから何月には引き落としがあると考えなくて済みます。しかも、国内で利用できるカードはプリペイド型のものが多いので、一定額以上をチャージしないようにすれば使いすぎにも注意できるのです。

 

 

 

カードがあればすぐに決済ができますので、現金を持ち歩く必要がなくなってしまうのが大きなメリットでしょう。

 

 

 

また、仮想通貨デビットカードを使うことでキャッシュバックがあるのも魅力的な部分でしょう。反面で仮想通貨デビットカードを取扱店で使うことのデメリットもあります。

 

 

 

まず1つに、どこでも利用できるわけではない点です。基本的に仮想通貨デビットカードはVISAやMASTERの加盟店であれば使うことができるのですが、一部の支払いには対応していません。

 

仮想通貨デビットカード取扱店のメリット・デメリットについて

 

具体例をあげてみますと、ガソリンスタンドやホテルなどになります。他にも月額料の支払いなど契約手続きが発生する場合は、利用できないので注意しましょう。

 

 

 

また、加盟店であっても利用できないケースがありますので、不安であれば事前に確認するのをお勧めしておきます。ただ日常的によく利用するであろう、コンビニなどの支払いは問題ありません。

 

 

 

手軽に使える仮想通貨デビットカードなのですが、利用料金の支払には使えないと考えておくとわかりやすいです。

 

 

 

もう1つのデメリットとしては換金をする時のレートによっては、多少の損失を出してしまう可能性があることでしょう。

 

 

 

仮想通貨はその相場が乱高下することで有名ですので、下手なタイミングで利用すると損失が大きくなるかもしれませんので、注意してください。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを取扱店で利用するメリットは、とても使いやすいこととキャッシュバックなどの特典を受けられることでしょう。

 

 

 

反対にデメリットとしては換金時のレートによっては損をする可能性があることと、月額料金のような支払いには利欲できないことがあります。