仮想通貨 デビットカード VISA

VISA対応の仮想通貨デビットカードはこんなに便利

VISA対応の仮想通貨デビットカードはこんなに便利

 

仮想通貨デビットカードの便利なところは、VISAと提携している点でしょう。

 

 

 

カードがあればVISA加盟店で利用できるので、仮想通貨の使い道がかなり広がってきます。そこで、VISA対応の仮想通貨デビットカードの便利な部分を紹介していきましょう。

 

 

 

そもそもVISAとはどういうサービスなのでしょうか。クレジットカードや従来のデビットカードでも良く見かけるものですが、この点から解説します。

 

 

 

VISAはアメリカに本社を置く会社で、世界的に決済のための技術を提供していることで有名です。国際的なブランドなのですが、VISA自身がカードの発行を行なってはいません。すべてVISAからライセンス権利を得た企業が提供する形となっています。

 

 

 

世界中にVISAの加盟店がありますので、そこで決済手段として利用できる形です。VISAに対応している仮想通貨デビットカードでは、仮想通貨での決済ができない店舗でも、加盟店なら利用できます。

 

 

 

ただし、一部の店舗では使えないこともあるようですので注意してください。加盟店となっていても、設置している機器が古いなどの理由で扱えないことがあるようです。

 

 

 

日本で発行されている仮想通貨デビットカードでVISAに対応しているカードの場合ですと、バーチャルカードならオンラインの加盟店のみが有効という形です。日本国内でも海外でも有名な通販サイトなどはほぼ加盟している状況ですので、困ることはないでしょう。

 

VISA対応の仮想通貨デビットカードはこんなに便利

 

リアルカードの発行手続きをすることで、実店舗でも利用可能となります。海外でも利用ができますので、予めチャージしておくと便利です。

 

 

 

ちなみにVISAには、3Dセキュアという本人認証のためのセキュリティシステムが使われています。不正利用をされにくくするためのもので、仮想通貨デビットカードもこれに対応しています。

 

 

 

ただし、リアルカードでも発行するのに別途料金が必要となってくるのでその点は注意しておきましょう。本人確認や個人情報の提出が必要となりますが、それだけの価値があります。

 

 

 

バーチャルカードでは支払いができない月額料金などの引き落としにも対応できるからです。さらに仮想通貨を日常生活で便利に使えるようになるので、仮想通貨デビットカードを中心に支払いをしたい人にはピッタリです。

 

 

 

仮想通貨デビットカードには、VISA対応のものがあります。VISA対応のカードを発行してもらうことで、加盟店での決済に使えるのが特徴でしょう。日本国内のみならず海外でも利用できますので、さらに便利です。