ビットコイン デビットカード

ビットコインで直接支払いが出来るデビットカードについて

ビットコインで直接支払いが出来るデビットカードについて

 

仮想通貨デビットカードの中にはビットコインで直接支払いができるものがあると言われています。

 

 

 

ですが、これについては正しい表現ではありません。では、いったいどのようにビットコインを使ったデビットカードは決済が行われているのか詳しく見ていきましょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードは、ウォレット型とプリペイド型の2つがあります。このうちビットコインで直接支払いができると勘違いされているのが、ウォレット型でしょう。

 

 

 

ウォレット型とは仮想通貨のウォレットとヒモ付されているタイプです。決済の手段としてカードを利用した時、ウォレットにあるビットコインを法定通貨に交換して、支払いを行うという形になります。

 

 

 

つまり、ビットコインで直接的な支払いをするものではありません。ただ、法定通貨に交換するタイミングが決済された時となるのです。この点を勘違いしないようにしてください。

 

 

 

現時点で日本国内で発行されている仮想通貨デビットカードとしては、ビットコインでの支払いも可能です。ただ、これもプリペイド型のものとなりますので、直接的にビットコインでの支払いするものではないでしょう。

 

 

 

自分の好きなタイミングで保有しているビットコインを日本円と交換して、カードにチャージする仕組みだからです。チャージした分から国内や海外で利用できるという形になっています。

 

ビットコインで直接支払いが出来るデビットカードについて

 

仮想通貨デビットカードというと、ビットコインから直接的に支払いができると勘違いをしている人も多いです。これは国内の税金問題にも関わってくる問題なので、しっかり把握しておいてください。

 

 

 

現在の日本の決まりでは仮想通貨から法定通貨に交換をした時点で、利益がでていれば課税の対象となってしまいます。ですので、ビットコインから直接支払いができれば課税対象にはならないのではと考える人もいるようです。

 

 

 

しかし前述のように仮想通貨デビットカードは、ウォレット型でもプリペイド型でもいったんは法定通貨に交換してから支払いをする形になります。

 

 

 

年間で20万円以下の利益であれば、申告する必要はありません。しかし、20万円以上の利益があれば確定申告をする必要があるのです。

 

 

 

特にビットコインの価値が急上昇をしている現在では税務署としても確認するケースが多いので、申告漏れがないように気をつけてください。

 

 

 

仮想通貨デビットカードでの支払いはビットコインから直接にはできません。これはどのカードでも同じことで、いったんは法定通貨に交換してからの支払いになるので注意してください。

 

 

 

特に税金関連は知らなかったではすまないので、不安な時は所定の税務署に確認を取るようにしましょう。