仮想通貨 ico とは

仮想通貨のicoとは?必ず押さえておきたいico(アイシーオー)の基礎知識

仮想通貨のicoとは?必ず押さえておきたいico(アイシーオー)の基礎知識

 

2017年から仮想通貨は日本だけではなく、世界中で盛り上がりをみせています。その仮想通貨の世界で注目を集めているのがicoです。ここでは仮想通貨のicoについて、基本的なことから詳しく見ていきましょう。

 

 

 

では、そもそもicoとはなにかから確認していきましょう。icoとは何らかのプロジェクトを実行するための資金を集める手段です。

 

 

 

いま流行りになっているクラウドファンディングや、株式投資におけるIPOなどと似ているものだと言って良いでしょう。つまり、資金を一般の投資家から広く集めるために行われるものです。

 

 

 

ただクラウドファンディングやIPOと違うのは、日本円や米ドルといった法定通貨を集めるのではなく、仮想通貨で集めるのがicoの特徴になります。

 

 

 

資金を集めるという点では他にも似た仕組みを持っているものがありますが、なぜicoが注目を集めているのでしょうか。それは、規制されているレベルが段違いにゆるいからです。

 

 

 

株式投資におけるIPOはとても審査が厳しくなっており、新しい債権や株式を発行するにしても厳格な手順があります。この手順を無視してしまえば厳罰が適用されますので、もっと手軽に多くの資金を集める方法としてicoが注目されているのです。

 

 

 

クラウドファンディングとの違いとしては、出資に対するリターンの違いでしょう。プロジェクトが終われば、それに対してのリターンがあるのは、icoでもクラウドファンディングでも同じことです。

 

仮想通貨のicoとは?必ず押さえておきたいico(アイシーオー)の基礎知識

 

ただ、icoではトークンが保有できますので、継続的にリターンを得ることができると言って良いでしょう。

 

 

 

では、具体的にどういった形で投資を行うのかを見ていきましょう。資金を集めたい企業は、トークンという仮想通貨を発行します。このトークンを個人投資家などに購入してもらうことで資金を集めます。

 

 

 

株式会社でいう株式にあたるのがトークンで、主催者となる企業のプロジェクトが完成した時に使える証券だと考えてください。完成後のトークン取引額が購入時より上がっていれば、その差額が利益となる仕組みです。

 

 

 

投資をする側のメリットとしてはトークンとして発行された仮想通貨をそのまま使用できる点が大きいでしょう。

 

 

 

また、先述のようにプロジェクトが成功していればトークンを売却して利益を得ることもできます。プロジェクトによっては、株主優待のようなサービスを受けられることもあるそうです。

 

 

 

反対にデメリットとしてはプロジェクトが完成しないリスクや、資金を持ち逃げされる可能性があるのが代表的でしょうか。

 

 

 

仮想通貨におけるicoとは、資金集めのための手段になります。新しい仮想通貨を発行することで投資家はそれを購入する形です。いわゆる先行者利益を得るためのものですが、メリットも大きければデメリットもあるので注意しておきましょう。