仮想通貨 ico 投資

仮想通貨のico投資って大丈夫なの?気になる参加方法と注意点

仮想通貨のico投資って大丈夫なの?気になる参加方法と注意点

 

仮想通貨のicoは世界中で注目されている新しい投資方法の1つです。しかし、新しい投資方法だからといってすぐに飛びついてしまうのは怖いという人も少なくありません。

 

 

 

そこでicoに投資をしても大丈夫なのか、参加方法や注意点などを解説していきましょう。

 

 

 

仮想通貨におけるicoは、規制がゆるく手軽に資金を集められます。しかし、規制がゆるいということは詐欺のようなプロジェクトや、実質的な内容がほぼ皆無であるものも存在します。

 

 

 

だからこそ仮想通貨のicoに投資をするのであれば、しっかりとプロジェクトがどうなっているのかを調べなくてはいけません。そのために用意されているのが、ホワイトペーパーです。

 

 

 

端的にお伝えしますと、このプロジェクトはどういう目的で行われるものか、といった内容を書いた文書になります。ホワイトペーパーは公開されており、誰もが見ることができるので投資をする前には必ず確認してください。

 

 

 

中を読むと、こんな内容で資金集めが本当にできるのかと考えるほど杜撰なものも少なくありません。また、最終的な目標資金額が数十億のものでも、財務や法務関係についてほとんど書かれていないケースもあるようです。

 

仮想通貨のico投資って大丈夫なの?気になる参加方法と注意点

 

他にもホワイトペーパーはしっかりと作られたものであっても、事業そのものが進まない、現実には記載してある内容と異なる部分がある、などのように問題が発覚する場合もあります。

 

 

 

仮想通貨のicoに参加する方法は、とても簡単です。基本的な流れとしてはicoを行うプロジェクト側が発行する仮想通貨である、トークンを購入するだけになります。

 

 

 

プロジェクトが完成をした時にそのサービスの便利さから人が多く集まれば、トークンの価値は高くなるでしょう。そのままサービスで利用しても良いですし、売却をして利益をだすのも自由です。

 

 

 

ここで1つ注意したいのが、icoを購入するタイミングでしょう。実はプレセールといって先行してトークンが発売されることがあるのです。

 

 

 

icoの場合、早期に参加すればするほど安くトークンを購入できるのですが、反面で情報が少ない中で決断をしなくてはいけません。

 

 

 

特にプレセールでは購入に条件がついてくるものの、付加されるメリットが大きいのが特徴です。例えば購入するのなら1000万円以上からという条件があるのに対して、購入分の20%が追加で付与されるといった形になります。

 

 

 

つまりリスクも大きくなりますが、リターンも大きくなるので十分にホワイトペーパーを検討する必要があるでしょう。

 

 

 

このプレセールが終わった後に誰でも参加ができるトークンセール、またはクラウドセールと呼ばれるものがあります。最初はプレセールで大口購入するのではなく、このトークンセールを利用した方が無難でしょう。

 

 

 

仮想通貨のico投資は、信頼できる企業が行なっているものかどうかを選ぶことが大切です。

 

 

 

規制がゆるいことから詐欺まがいのicoがあることは否めませんので、ホワイトペーパーを読み込んで、情報を収集した上で利用するのが良いでしょう。注意点としてはホワイトペーパーを信じすぎないことです。