仮想通貨デビットカードとは?

そもそも仮想通貨デビットカードとは?仮想通貨デビットカードの仕組み、クレジットカードとの違いと特長!持つ理由?

そもそも仮想通貨デビットカードとは?仮想通貨デビットカードの仕組み、クレジットカードとの違いと特長!持つ理由?

 

仮想通貨を利用したいと考える人も増えてきました。欧米では、既に実社会に導入されていることも珍しくありません。

 

 

 

そこで既に便利な仮想通貨デビットカードが発行されています。日本国内でもその動きに対応してきていますが、そもそも仮想通貨デビットカードとはどんなものなのでしょうか。

 

 

 

一般的なデビットカードとは銀行が発行しています。カードを発行している銀行に作った口座と関連付けがされているもので、買い物などにデビットカードを使うと、即座に引き落としされる形です。

 

 

 

基本的に仮想通貨デビットカードもまた同じ仕組みになっています。ただし、預けているのが法定通貨ではなく仮想通貨となりますので、仮想通貨から法定通貨へと交換をしてから使うことになるのです。

 

 

 

ここで仮想通貨デビットカードの種類を大きく2つに分けることができます。

 

 

1つはプリペイド型といって、カードを使用する前にあらかじめ仮想通貨に日本円に交換して、チャージをしておくタイプです。チャージする時のレートで仮想通貨と日本円を交換するのが、一般的です。

 

 

 

もう1つがウォレット型で、こちらは仮想通貨のウォレットとヒモ付をしているタイプになります。カードを使用する時にはプリペイド型とは違って、事前にチャージする必要がありません。

 

 

 

商品やサービスの利用時に決済手段として使った時に、ウォレットから引き出しがなされるタイプです。購入時に換金される形ですので、この時のレートで使われます。

 

そもそも仮想通貨デビットカードとは?仮想通貨デビットカードの仕組み、クレジットカードとの違いと特長!持つ理由?

 

仮想通貨デビットカードによってこれらの違いがでてきますので、自分にとって使いやすい方を選択するようにしてください。

 

 

 

ポイントとしてはカードそのものにチャージをするのか、ウォレットにチャージするのかと、日本円に換金されるタイミングの違いになります。

 

 

 

ただセキュリティについて考えた場合、チャージタイプは手間がかかってしまいますが、最悪はチャージした分が失われるだけですむでしょう。反面、ウォレット型は預けている資産をなくしてしまう可能性がある点も留意しておくべきです。

 

 

 

クレジットカードとどう違うのと思われる人もいるでしょう。クレジットカードは厳密に言うと、一時的にお金を借りて支払いをしておくという形になるので、審査などが必要になってきます。

 

 

 

しかし、仮想通貨デビットカードの場合は決済をするのにお金を借りるのではなく、既にチャージされている分から差し引かれる点が大きな違いです。

 

 

 

ですので、クレジットカードとは違い仮想通貨デビットカードは保護者の同意書があれば、未成年でも作ることができます

 

 

 

仮想通貨デビットカードとは一般的なデビットカードとほぼ同じ仕組みです。クレジットカードと違い、一時的にお金を借りることはありませんので、保護者の同意書が必要となりますが未成年でも利用可能になっています。