仮想通貨デビットカード リスク・デメリット

仮想通貨デビットカードを持つリスクやデメリットについて

仮想通貨デビットカードを持つリスクやデメリットについて

 

仮想通貨が世界的な広がりを見せている昨今では、より便利に使えるアイテムが世間にも浸透してきています。その代表的なものが、仮想通貨デビットカードになるでしょう。

 

 

 

とても便利なものではあるのですが、仮想通貨デビットカードにも当然ながらリスク・デメリットが存在しています。

 

 

 

仮想通貨デビットカードを持つことのメリットはわかりやすいですが、リスク・デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。まず代表的なデメリットとしては、仮想通貨の価値が日によって大きく変わってしまう点です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードでは使えるコインがそれぞれに異なっています。最も代表的な仮想通貨はほぼすべてのカードで使うことができますが、その通貨の価値が1日の間でもかなり上下しているのです。

 

 

 

つまり、仮想通貨デビットカードを使う時に、レートによっては赤字になってしまうケースも珍しくありません。

 

 

 

仮想通貨デビットカードでは大きく2つのタイプがあります。事前に仮想通貨から日本円に交換をしてチャージしておくタイプと、決済手段としてカードを利用した時点でウォレットから引き落としされるものです。

 

 

 

事前にチャージしておくタイプですと、自分に有利なレートの時に多めに交換しておくことでプラスにもできます。

 

仮想通貨デビットカードを持つリスクやデメリットについて

 

しかし、決済をした時のレートで交換される場合は、相場の動きがわからないままに換金されることもあるのです。この点について覚えておくと、より便利に仮想通貨デビットカードを使えるでしょう。

 

 

 

もう1つのリスク・デメリットとして、税金の管理が難しくなる点です。基本的に仮想通貨に対しては、まだまだ国内でも法的な扱いが定まりきっていない部分が多いと言わざるを得ません。

 

 

 

今後は異なってくるのかもしれません。ただ、現時点では仮想通貨を日本円にした時点で課税対象となってしまいます。

 

 

 

通貨として使うこともできる利便性が仮想通貨にはあるのですが、使うのであれば税金についてもきちんと計算しておく必要がでてしまいます。

 

 

 

また、仮想通貨デビットカードの種類によっては一度入金をしてしまうと、引き出せないケースもあるのです。入金をすると使い切ってしまわないといけませんので、安易に解約をすると返金を受けられずに損をしてしまいます。

 

 

 

他にも支払いができるものとできないものがあるという点も、デメリットとして覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

仮想通貨デビットカードのリスク・デメリットで最も大きいのがレートです。特に仮想通貨は値動きが激しいものだけに、適当なタイミングで利用すると赤字になる可能性も少なくありません。

 

 

 

また、日本円に交換した時点で課税対象になりますので、きちんと管理する癖をつける必要があるでしょう。