仮想通貨デビットカード セキュリティ

仮想通貨デビットカードのセキュリティについて〜紛失や盗難にあったらどうなるの?

仮想通貨デビットカードのセキュリティについて〜紛失や盗難にあったらどうなるの?

 

仮想通貨デビットカードは、ここ数年でできた新しいサービスです。仮想通貨を保有している人からすると便利に利用できるものではありますが、やはり新しいものだけにその安全性が気になる人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

そこで仮想通貨デビットカードのセキュリティにスポットをあててみます。仮想通貨デビットカードのセキュリティなのですが、実は各カードで大きく異なってきます

 

 

 

基本的なこととして、仮想通貨のウォレットとヒモ付されているタイプは、かなりセキュリティが厳重になっています。

 

 

 

日本では仮想通貨の取引所のセキュリティが甘かったことから、ハッキングを受けて大きな被害が出たのは耳に新しいところです。しかし、特に海外の場合はウォレットを扱う会社であっても、かなり厳重なセキュリティを施しています。

 

 

 

一部には軍関係なみの強固なセキュリティを誇る会社もあるほどです。残念ながら、この会社との契約は現時点では日本人が行うことはできません。

 

 

 

ちなみに良くある話で、仮想通貨デビットカードを紛失してしまったり盗難された場合はどうなるかも考えてみましょう。

 

 

そもそも仮想通貨デビットカードというのは、アプリで行うことがほとんどです。物理的なカードの発行も可能ですが、申請手続きをした上で発行手数料を支払う形になります。

 

仮想通貨デビットカードのセキュリティについて〜紛失や盗難にあったらどうなるの?

 

そもそも仮想通貨がデジタルなものですので、アプリで管理する方が相性は良いとも言えるでしょう。物理的にカードがあった場合は紛失や盗難にあうことも考えられます。この場合は、すぐにでも発行会社に連絡をしてください。

 

 

 

盗難などによる被害についての保証があるかどうかですが、この点も各カードによって取扱が異なってきます。

 

 

 

盗難、紛失などによって受けた被害については自己責任として、一切の保証がつかないというケースが代表的です。中には限度額こそクレジットカードや一般的なデビットカードとは劣りますが、いくらかは保証してくれるケースもあります。

 

 

 

どのような使い方をするのかでも変わってくるでしょうが、やはりセキュリティについてはしっかりした会社を選んでおくべきです。

 

 

 

また、紛失してしまったカードなのですが、バーチャルなものは再発行をしてくれる会社とそうでない会社に別れます。物理的なカードについては発行手数料や送料などの手数料の負担はありますが、再発行が可能です。

 

 

 

デジタルな仮想通は企業もそうですが、自分自身でもある程度はセキュリティを考えておく必要がありますので、すべてを任せっきりにするという考えは危険です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードのセキュリティについては、一般的なデビットカードとほぼ変わりはありません。しかし、盗難や紛失をした時に保証がつかずに自己責任となるケースも多いので注意しておきましょう。