仮想通貨デビットカード 作り方

仮想通貨デビットカードの作り方について〜入手の方法と必要な手順は?

仮想通貨デビットカードの作り方について〜入手の方法と必要な手順は?

 

仮想通貨は投資目的だけではなく、通貨としても使えます。しかし、より便利に使いたいのなら仮想通貨デビットカードを利用すべきです。

 

 

 

では、この仮想通貨デビットカードを作るのにはどうすればよいのでしょうか。ここでは作り方や必要な手順を紹介していきます。

 

 

 

まず仮想通貨デビットカードですが、基本的にはアプリの利用となります。アプリはiOSとAndroidの両方が用意されていますので、どちらのスマートフォンをお使いでも問題ありません。

 

 

 

利用したいのであれば、まずは仮想通貨デビットカードのアプリをスマートフォンにインストールしてください。アプリをインストールした後は登録をしていきましょう。

 

 

 

登録といってもアプリによって、手順は異なってきます。SMSによる電話番号の確認が行われるのと、簡単な個人情報の入力を求められるでしょう。

 

 

 

この登録だけです済む場合もあれば、簡易登録が終わりという形で後日に正式に契約を結ぶための書類が必要なケースもあるようです。各仮想通貨デビットカードでそれぞれに申込み手続きは異なりますので、この点だけは留意しておいてください。

 

 

 

アプリをインストールして登録をすれば、あとは対応する店舗での決済に仮想通貨デビットカードを利用できます。

 

仮想通貨デビットカードの作り方について〜入手の方法と必要な手順は?

 

ただ、アプリではなく現物としてデビットカードを欲しいというケースもあるでしょう。一般的にアプリ経由で決済できるのは、インターネットの通販を利用する時に限られてくるからです。

 

 

 

実店舗でも仮想通貨デビットカードを使って決済をしたい場合は、現物のカードが必要となってきます。公式のウェブサイトから登録する形もありますが、こちらもアクセスをして表示に従って必要事項を入力するだけです。

 

 

 

現物の仮想通貨デビットカードを作る時には、アプリから申込み手続きをしてください。ここで個人情報の記載を求められるケースもあれば、申込をするだけで発行してもらえるケースもあります。

 

 

 

この個人方法の入力なのですが、本人確認書類が必要になることがあるので、その場合は免許証やパスポートなどを撮影して画像データをアップロードしなくてはいけません。

 

 

 

他にも未成年者が申し込みをするのなら保護者の同意書が必要となるので、その点も忘れないようにしましょう。

 

 

 

また、現物のカードを発行してもらうには費用が発生することもあるので覚えておいてください。申込が完了すれば、後日郵送されてくる形です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードの作り方としては、特に難しくありません。アプリでの利用がメインになりますので、ダウンロードをして登録するだけで使えるようになります。現物でのカードが欲しい場合は別途手続きをしなくてはいけません。