仮想通貨デビットカード 使える場所

仮想通貨デビットカードのい使用場所について〜どこでも使える?使えない場所は?

仮想通貨デビットカードのい使用場所について〜どこでも使える?使えない場所は?

 

仮想通貨デビットカードが人気になっていますが、いったいどんな場面で使うことができるのか疑問に思う人も多いでしょう。

 

 

 

日本国内でも仮想通貨が利用できる店舗は増えてきているのですが、まだまだ対応しているところは少ないです。しかし、仮想通貨デビットカードがあれば、もっと使える場所が増えてくることから人気となっているのです。

 

 

 

では仮想通貨デビットカードはどこでも使えるのでしょうか。使える場所ですが、インターネットの通販ではほぼ問題ありません。

 

 

 

ただし支払いにデビットカードが対応しているのが、前提条件になります。もしくはVISAかMASTERの加盟店であるのかも確認しておきましょう。

 

 

 

これらの条件に当てはまっているのであれば、デビットカードの番号を登録するだけで決済の手段として使えます。

 

 

 

インターネットの通販ではなく実店舗ではどうなのでしょうか。こちらに関しても基本的にクレジットカードが使えるお店であれば、決済手段として用いることが可能です。ただし、先述したようにVISAかMASTERの加盟店でなければいけません。

 

 

 

また仮想通貨デビットカードにはバーチャルカードとリアルカードの2つがあります。インターネット上の決済手段として用いるのであれば、バーチャルカードだけで問題ありません。

 

 

 

しかし実店舗で決済をするのに使うのなら、リアルカードの発行をしてもらう必要があるので注意してください。

 

仮想通貨デビットカードのい使用場所について〜どこでも使える?使えない場所は?

 

ただ、仮想通貨デビットカードはどこでも使えるわけではありません。使えない場所というものも存在しますので、確認しておきましょう。

 

 

 

海外での利用ですが、これは各仮想通貨デビットカードによって取扱が異なってきます。世界中で使えるというカードもあれば、特定の国や地域については対応していないケースもあるからです。

 

 

 

基本的にカードを発行している大本の会社がどのような運営をしているのかによって、どの地域や国で使えるのか異なってくると考えてください。国内で使うのが主たる目的であれば、特に大きな問題はないでしょう。

 

 

 

もう1つ注意しておきたいのが、カードによってはガソリンスタンドやホテル、月額の利用料金の支払いに対応していない点です。

 

 

 

個人情報の入力がさほど必要とされないカードで起こることなのですが、これらの場所ではきちんと情報が入力されたものでないと決済ができないのです。

 

 

 

カード会社によっては別途費用がかかりますが、個別に個人情報の登録をすれば、月額利用料金の支払いができるカードを発行してもらえます。

 

 

 

仮想通貨デビットカードはほぼどこでも使えることができるカードです。ただし、使える場所と使えない場所がありますので、その点は事前に把握しておく必要があるでしょう。